アナモルフォーシスな看板

アナモルフォーシスとは、歪んだ画像を何かに投影させてみたり、斜めから見たりすることで正常な画像が見られるようになるデザイン技法のことです。(wikipedia:アナモルフォーシスを参照)
アナモルフォーシスを看板に活用するにはということで、下記のようなイメージを作ってみました。
看板立面図

細長い板を連続して6台建てる看板を想定しました。

平面レイアウト

平面レイアウトはこうなりました。この段階で既にどんな感じになるかは、わかってしまうのですが、パースにしてみるとこんな感じです。

看板パース1
看板パース2
看板パース3

このように、特定の角度から見た場合に限りますが、細長い縦型の看板で横型の大きな平看板を設置しているのと同等の表示をすることができます。それ以上に一見看板とは思えない場所にふいに看板が表れることで大きなインパクトを与えられるという効果が期待されます。

実際に看板として活用されている事例としては、ガードレールの格子にかかれた絵や文字があります。これは、多くの方が一度は目にしたことが有るのではないでしょうか。

製作には多少苦労はあるのですが、上手く使えば大きなインパクトを与えられるアナモルフォーシス。今のところ弊社での施工実績はありませんが、機会があれば挑戦してみたいと考え有益なご提案ができるよう模索しています。

Felice Variniというアーティストがアナモルフォーシスを活用したアートを数多く製作しています。
氏のサイトで多くの作品を見ることができますが驚きの作品ばかりです。
Felice Varini氏作品紹介ページ

SHOJI の紹介

株式会社AB企画デザイン室のSHOJIです。主にデザイン(パース・ロゴ作成etc.)と出力を担当しています。
カテゴリー: 看板   パーマリンク

コメントは受け付けていません。