出力コストのこと

HP-L25500-ドリームカラーのロゴ

HP-L25500-DreamColor

前回、インクジェットプリンタの出力コストについて触れましたので補足を少々。
AB企画ではラテックスプリンタの導入により、出力コストを従来より大幅に削減することができました。ラテックスプリンタで使用するメディアの価格が、導入以前から使用している水性インクジェットプリンタで使用するメディアの価格に比べて大幅に安いからというのがその理由です。
なぜこのような価格差が生じるのかメディアメーカーに聞いてみたところ、同じ塩ビ素材のメディアでもコーティングの有り無しで価格が大きく変わるのがその理由とのこと。水性インクジェットの場合インクをメディアに固着させるため、メディアの表面に受理層をコーティングしなければならないのだそうですが、ラテックスプリンタ用のメディアでは、このコーティングが不要なため価格が低く設定されるということです。
前回も書いたとおり、ラテックスプリンタは溶剤系インクジェットと同等の耐候性があります。出力コストの低下、耐候性の向上、施工の容易さ、というメリットはかなり大きなものがあります。カッティングシート仕上げの看板が減っていくことには、非常に寂しさを感じるのですが、今後益々インクジェット出力での仕上げが増えていくような気がします。

SHOJI の紹介

株式会社AB企画デザイン室のSHOJIです。主にデザイン(パース・ロゴ作成etc.)と出力を担当しています。
カテゴリー: ラテックスプリンタ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。